グロースファクターとエイジングケア

多分10代や20代だったら、自分が年齢肌の悩みで毎日憂鬱な気分になるなんて
想像していなかった、という時点でアラフォーあたりで肌のたるみや毛穴の開き、
肌のくすみやシミなどで悩んでしまうことが決定付けられていたのだと思うと、
エイジングケアの重要性に気が付くのが遅い、なるべくしてなっているのかもしれないとこの頃思う。
毎日のグロースファクター美容液「リルジュ・リカバリィエッセンス」での肌細胞活性化
習慣の真最中である私にとって、年齢肌のトラブルをこれ以上続けていくのはメンタル的にも辛いし、
40代にお肌をもっときれいでいようと決めたのだから、効果的なスキンケアをするために、
毎日の手入れにひと手間足している、というわけです。

どの未知年齢を重ねていくと自然に肌細胞のターンオーバーサイクルの劣化が
見られるようになるのは誰しも当たり前のことではあるけど、
それでも肌に無用な刺激を与えないこと、例えば紫外線を浴びることや
肌質に合わないアルコール性の化粧水や刺激のある化粧品を使い続けることは、
肌にハリや潤いを保持することが難しくなってくる年齢の肌には、やはり使うべきじゃないとおもうし。
なんとしても、健全な肌細胞の生まれ変わりのサイクルをそくしんすることで、
より自然な肌本来の元気が蘇ってくると信じているのです。
つまりは、ナチュラルな年齢相応の肌に戻したい。
毛穴が大きく広がってしまってから、陶器肌にするのは不可能だと思うのです。
美魔女のような人の習慣までは出来ないけど、ファンデーションが毛穴に
たまってしまうほどの毛穴や凸凹した肌質になる前に、マシにしたいのです。

ほうれい線はくっきりとついてしまうのは表情筋の関係もあるのかな。
目じりや口元の縦ジワに関しては何とかなりそう。
成長因子の促進でいつも肌の潤い保持を出来る状態にしてやっているので、
以前ほど、小じわが目立たないので、老け顔からの脱出はできていると思う。
見た目年齢は5歳は若返ったけど、深いしわとか、ほうれい線、
ゴルゴラインとかマリオネットラインが目立ってしまうと難しいだろうな。
アンチエイジングって一口で言ってみても、スキンケアだけでできる話しではなく、
多分生活全般、ストレスケアや食事、栄養、運動、すべてで、考えないといけないね。
アラサーやアラフォー世代の女性がリルジュリカバリィエッセンスのように
EGF等のグロースファクター配合化粧品を使って肌の手入れが出来るのは、
やはり手軽でいいと思うし効果的だと感じています。

炭酸パック

私が今癒されるのではまっているのが月に一回やっている炭酸パックです。
お店で市販されている炭酸パックは、1回あたりの値段が高額だということもあって
毎日のスキンケアに使用するには、さすがに厳しいものがあります。
でも、毎日使うよりも週一や月イチで、スペシャルケアとして、
肌のケアに用いるのが私にとってはいいスキンケアみたいです。

そもそもこの頃は炭酸を使ったスキンケアや美容方法は増えました。
炭酸には、なんといっても血行促進してくれるという効果があります。
お風呂に入れる炭酸ガスの入浴剤などはポピュラーで、とても体があたたまりますよね。
そんな炭酸を使ったスキンケア商品にあって、

私がこの頃気に入っているのがスパオキシジェル
炭酸が高濃度で配合されている炭酸パック、ドクターメディオンの製品です。

炭酸の作用で、肌の血行が促進され、その結果肌の新陳代謝が活発になるんですね。
ターンオーバーのサイクルがも整って来るきっかけになるので、
古い角質や、肌細胞の老廃物の排出も促されるので、
年齢肌で気になるくすみやシミの改善をはじめ、カサツキがちな肌の水分保持の促進で
乾燥を防いで、シワやたるみの防止にもつながる・・といった様々な肌トラブルの改善が期待できるんです。

肌細胞の新陳代謝が活発に行われることで、素肌が本来持っている、
保水機能が正常になり、みずみずしい肌を作り、維持する働きを補助できるので、
一度経験したらくせになってしまうほど、炭酸パックは気持ちがいいですね。